>  > ぽっちゃりにだまされた

ぽっちゃりにだまされた

お店のホームページの女の子紹介ページに書かれているぽっちゃり体型という文字に騙されたという経験は、風俗が大好きな人ならば一度はあるでしょう。自分は一度ならず、二度も三度もあります。ぽっちゃりという文字はとても魅力的なのです。細すぎず太すぎず、程よい抱き心地があり、体系的にもおっぱいが大きい女の子がほとんどなので、そんな女の子と遊べるのはとても魅力的なので、ついつい以前のぽっちゃりと書かれた女の子を指名したら、デブの女の子が来たという苦い経験を忘れて、また指名してしまうのです。だまされたというのは、少々お店の思惑を無視した言葉かもしれませんが、お客さん側からしたら、ポッチャリと書いてあったのにデブが来たのではだまされたと思っても仕方がありません。かと言って、正確にぽっちゃりとデブの境界が定義されているわけではなく、人によってその境界が異なるため、お客さんからしたらデブでもお店の人からしたらぽっちゃりという言い訳だって十分通じます。そのため、これにいくらクレームをつけても仕方ないのです。

本命の女の子が最初がいいですね

いつもの都内のピンクサロンのお店に行ってみます。平日の昼間で空いているのですけど、女の子の在籍数も少ないので、微妙なときがあります。ホームページでは在籍になっているのにいざ行ってみると出勤していなかったということもあるので、本当に決めた女の子と遊びたいときは電話で確認したほうがいいでしょう。もっとも私の行きつけのT川のお店はそのあたりはしっかりしているので、ホームページの情報は最新情報と思って信用しています。今回も平日昼間だったのですが、お気に入りのピンサロ嬢が在籍なので、来店したのです。15分待ちですから、まずまずですよ。他の風俗嬢も体験したいので開店でお願いしました。昼間がいいのは、指名した女の子をまずは最初に案内してくれるんです。これで最初に抜いておけば後はなんとでもなりますからね。いい女の子のときは2回抜き3回抜きもいけますから、最初に本命の女の子が来てくれたら戦略の立て甲斐があるのです。今回もそんな感じで最初で大発射しましたよ。

[ 2017-09-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談